資格を取得して質の高い仕事を

生活相談員は、福祉施設において入所者や通所者などの利用者の相談にのる仕事をします。施設に関することや消費生活などの相談にのり、心のケアも行っていくのです。詳しく説明すると、施設に入所したり通所したりする場合に、その施設の説明や費用に関しての相談にのる仕事です。また、アフターケアも大事な仕事となります。利用者が安心して快適に生活をすることができるよう、本人のみならずその家族の生活相談にものり、サポートを行っていくのです。そのため、生活相談員には、福祉に関しての専門知識が必要になります。
生活相談員になるには、基本的に資格が必要です。その資格というのは、社会福祉士・社会福祉主事任用資格・精神保健福祉士などになります。これらの資格を持っていれば、介護老人福祉施設・短期入所生活介護・通所介護で勤務することが可能です。とはいえ、施設によっては資格が必要ない場合もあるので、事前に確認をしておくとよいでしょう。これらの3つの資格の中で特に重要なのは、社会福祉士の資格といえます。社会福祉士の場合、社会福祉士を養成している大学や短大、または専門学校などで学んだり実習を行ったりします。そして、資格試験を受けることになるのです。資格を取得すれば仕事への自信につながり、質の高い仕事をすることができるでしょう。
これからますます高齢化社会は進んでいくので、生活相談員という仕事の需要も増加してくこととなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です