認められる資格条件の問題

生活相談員は、介護サービスを必要とする人たちの介護施設への入所を支援したり、あるいは介護施設への指導などを行なう仕事です。生活相談員になるには、介護の仕事について広い視野から認識できる能力が必要となります。そのため、仕事の条件として社会福祉士や精神保健福祉士、あるいは社会福祉主事任用といった資格を有していることが求められるのです。また、福祉の仕事を行うにあたり、職員や施設が直面するようなよくある課題に対して、解決のための能力も求められます。
そのようなことから、介護の仕事の現場で介護スタッフとしての経験を多く積んできた人であれば、生活相談員への転職が考えられるでしょう。ただし、問題なのは都道府県といった自治体や介護施設によって、資格の基準が異なる点です。その結果、他府県であれば十分に転職できる基準を満たしているものの、当該自治体では条件から外れるというケースがあります。もし転職を考えるのであれば、各都道府県での資格条件を十分に検討する必要があるでしょう。確実を期するのであれば、自治体の関係部署に問い合わせするのが確実です。また、介護施設によっては、資格条件を特に設けずに生活相談員の仕事に就くことができる場合があります。
転職は、働く人にとって大きな決断です。それだけに、十分な準備を整えた上で職を変えるのが堅実といえます。介護の仕事で陥りやすい転職の失敗談などをチェックしておけば、転職の失敗はできるだけ避けられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です