生活相談員の適正を考える

生活相談員とは、介護施設・ケアハウス・老人ホームなどに勤め、入所者や通所者の生活全般の相談にのる人のことです。昨今においては、高齢化社会が浸透してきています。その結果、生活相談員の需要はますます伸びてきており、脚光を浴びる存在になっているのです。無届けの介護ハウスなどが急増するなどの問題を抱えている介護現場において、大きく頼りにされています。いわゆる団塊世代が後期高齢者を迎えるようになる今後においては、さらに重要性を増すことが想定できるでしょう。
生活相談員になるには一定の資格要件を満たすことが必要であり、誰でも簡単になれるわけではありません。入所者や通所者、その家族のさまざまな相談にのることはもとより、入所の手続きや病院などとの連携をとることも仕事です。施設に生活相談員をおくことは、介護施設を運営するために必ず必要な要件になっています。むろん、介護に深くかかわる立場になるため、お金儲けという考え方を優先することはできないといえるでしょう。あくまでも、加齢や疾病・認知症などによるさまざまな事情を抱えた人を手助けするということが仕事です。そのため、高い志や知識・経験が必要になります。
すべきことは多くあるにもかかわらず、報酬が少ないという問題もクローズアップされてきているようです。安定的な介護現場の運営を図るためにも、喫緊の課題として対峙すべきとされています。人手不足や施設の運営方法などという問題が山積する介護の現場を、より良くしていくことが求められているのです。
生活相談員についてもっと詳しく>>>http://xn--q9jbbq2l783u1v9aygnx2d4s9d.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です